スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
始まり
エフィ3代目代表の内藤達也です!

今日からこちらのブログでエフィの活動を紹介していきます


2010_0515_122144-IMG_0373_convert_20100524164704.jpg ミーティングの様子


最初に、僕がこのブログを作った「想い」についてすこしだけ。


学生団体(サークル)はたくさんある。テニス、バスケ、野球、鳥人間、旅などなど…
これらのサークルは、体を動かすなど、活動自体が楽しく、需要があるためそう簡単には無くならない。

一方、エフィのようなボランティア団体はどうだろうか。
ボランティアという性質上、新勧活動を頑張らなければ新入生は入ってこない。
さらにもうひとつの問題は


初代の「想い」が後代に伝わりにくい。


初代代表(サークルの立ち上げ人)は何らかの問題意識をもってサークルを作った。
しかし、その代が卒業し、初代の顔を見たこともない世代がサークルを受け継ぐと、本来の
問題意識なんかはなくなって、ボランティアという「無給のお仕事」だけが残され、団体の
継続は難しくなっていく。


では、その問題を解決するにはどうしたらよいだろうか?


僕たちは、なんの感情もなしに中学生に勉強を教えたり、みんなの前でプレゼンをしたり、
イラストレーターを使って広告を作っているわけではない。

それぞれの活動には、メンバーそれぞれの「想い」が必ずあるはずなんだ!


僕たちみたいな、これからどんどん活動を拡大していきたいと思っている団体にとっては、
活動の充実や新たな活動を行ったという「実績」の方が世間的には重視されるのかも知れない。


だけど、団体の継続と発展のためには、みんなの「想い」を残していかなきゃだめなんだ!


これから、エフィはどんどん規模が大きくなっていって、活動も増えていく(増やしていく)
と思う。


そして、僕たちが大学を卒業した後もエフィは残っていくだろう。
そのときの運営代には、エフィをただの無味乾燥な教育ボランティアサークルとしてではなく、

僕たちがいっぱい考えて、楽しんで、驚いて、悩んで、苦しんでの「想い」を繋げていきたい。


そして、「先輩たちもこういうこと考えてたんだ」と、少しでもサークル運営の助けになったり、
悩んでいる時の救いになってくれれば最高だ。


というわけで、これからいろんな活動を紹介していきたいと思います!
ブログ担当は、のぐのぐとりこぴんです。
新聞部と国際系女子(笑)ということで、楽しいブログを期待してます。がんばれー


これからもエフィを、よろしくお願いします。


スポンサーサイト
[2010/05/24 17:21] | 代表より | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。