スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
進路講演会とはなんぞや(白石)
お久しぶりです、代表の白石です。
つくばの冬はとても寒いですね、副代表のT君とともに寒い寒い言っています。
新入生の方がこれを4月くらいに見たなら、来年のつくばの冬は覚悟しといた方がいいですよ^^;


そんなことはさておき、先日「進路講演会」というものを初めてエフィの企画として行いました。
なんかお固い名前だな…、とか思った君!!!

僕もです←

ちなみにこの企画は自分が企画したものなので企画者自ら名前がお固いと思ているのだから相当お固いのでしょう。

名前は置いといてこの進路講演会、ざっと言えば「大学生と中学生の教育に関する新しい関わり方」を構築する為に「大学生の持っている経験、知識を少しでも中学生に還元する」ということを目的に2013年6月頃に白石がポっと思いついた企画です(ちゃんと考えました)。
今回は主に「学習」ということをテーマにいつもお世話になっている桜中学校で大学生が中学2年生にお話しするという形式で行われました。

実はこの企画、初めはいつものアフタースクールに来ている人数(多くて30人くらい)を対象に想定していました。そしたらそれが学校側が乗り気になっていただいて対象が中学二年生全員(120人くらい)に、しまいには某有名新聞社の記者が取材に来るまでの規模に広がってしまったということが裏話としてあります(笑)
そのような感じで予想以上にかなり大規模な企画になってしまったわけです!

エフィの魅力って言うのはこういう感じで自分達が思いがけずに発案した企画が予想外の展開を遂げて行くというところにもあるのかなと思います、これこそまさにエフィの自由さなのでは〜〜〜〜

さて、ここからは自分の感じた進路講演会の感想を2点!書かせていただきます!ここに進路講演会の自分か感じた魅力fが詰まるように頑張ります!


1.予想を超えた中学生の真剣なまなざし!

放課後の時間強制的に居残りさせられてそれも勉強に関する話しを聞く…。もし自分の中学時代にこれがあったなら自分は不満をたらたら垂らして聞かずに遊ばせろ〜〜〜とか部活行かせろ〜〜〜とか文句を言ってたかもしれません…。そんな不純な中学生を想像していた白石、だから進路講演会も話しを少しでも聞いてくれればいいな〜くらいにしか思っていませんでした。

それがなんということでしょう!あの中学生達の真剣なまなざし!逆にこちらが圧倒されてしまいました!
話しの間にこちらの問いかけに積極的に答えてくれる子や、話しが終わった後に「良かった、最高だった」と言い残して帰って行った生徒会役員の子など大学生のおじさんを喜ばしてくれる中学生がいっぱいいました!

終わった後にとった中学生へのアンケートでも実に80パーセント以上の子が満足してくれたようで、感激してしまいました。ぜひ次回はもっと良いものを届けたいと思ったばかりです^^(ちなみに次回はやるなら6月前半の予定です)

2.エフィメンバーのプレゼン力の高さ

進路講演会の前日、リハーサルを行いました。それぞれのメンバーがみんなの前で次の日の進路講演会で話す内容を発表したのですがそこで感じた事。

「エフィの人はプレゼンがうまい」

プレゼンがうまいというのは具体的に、「話しが面白い」「話しの内容が簡潔にまとまっている」であったり「話し方が良い」など様々な要件がありますがどういうわけか本当にみなさん発表がうまかった!
さらに感じたのはエフィにいればいるほどプレゼンがうまいということです。例えば秋新歓で入りまだエフィに入って間もない社工のK君は元からいたS.Sさん(Sさんだと俺になっちゃうからね)のプレゼンを聞いてショックを受けてその夜萎えラインを副代表のT君(冨永)に送ったとかなんとかというエピソード付きです!?
確かに自分もとても前述のS.Sさんを初めとした2013年春新歓で入ったいわゆる初期メンバーのプレゼンはひと味違うなと感じました。
「人に教え、自ら学ぶ」というのがエフィの活動理念ですが、まさにアフタースクールやイーズ企画などの「人に教える」という機会を通してみなさんとても成長しているのだなとひしひしと感じました^^
K君もめげずにアフタースクールに言って人に教えていたら必ずや成長するよ!頑張れ!


とまあこんな感じで、「中学生」にも「エフィのメンバー」にも感激してしまった代表だったとさ。
おしまい。






スポンサーサイト
[2014/01/26 22:04] | AS&MTG | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。